腎臓病の原因と治療方法|病気の悪化を食い止める

レントゲン

腎臓の病気とは

患者

自覚症状とは

自覚症状がなく、気づいたときには症状がかなり進行している病気が腎臓病です。アルコールの過剰摂取や、乱れた食生活などで腎臓に負担をかけていると発症のリスクは高くなります。普段から食生活に注意しアルコールの摂り過ぎにも気をつけることが必要です。腎臓病の自覚症状は、代表的なものは体のむくみと頻尿です。皮膚を指で抑えて、なかなか元に戻らない場合はむくみの症状が出ています。それに、夜中に何度もトイレに起きるようになったら腎臓病の可能性があります。むくみや頻尿は、ほかの重大な病気が原因となっていることもあるので病院で検査をすることが必要です。そのほかの自覚症状は、尿が白濁したり血液が混じったり、貧血やめまいが頻繁に起こるようになったりします。

食事療法とは

腎臓は、機能が低下してしまうと治療しても回復が遅くなる傾向にあるので、早期発見、早期治療が大切な病気です。少しでも体に異常を感じたら病院での診察をすることが必要なのです。治療が遅れると、人工透析をしなければならない場合があります腎臓病に大切なのは食事療法で、腎臓に負担が掛からない食事を摂ることが大切です。そのためには、タンパク質の摂取を抑えることが必要です。タンパク質は、体内で分解されるとそのほとんどが老廃物となってしまいます。老廃物は腎臓で処理されるので腎臓に負担をかけてしまいます。また、腎臓機能が衰えると塩分の排泄機能も衰えてしまいます。そのために体内の塩分濃度が上がり高血圧になってしまいます。食事で摂るタンパク質や塩分の量は医師の指示に従うことが大切です。